December 19, 2005

観光スポットでは、豫園は結構楽しいです。“老上海”ですしね。
よく言われるのが値段ですが、言い値の1/3以下ぐらいから交渉開始すべし。下手すると1/10でもいいぐらいです…。よく売っているキーホルダーは1元や2元で買えるので、5元以上はボッタクリだなーとおもうです。

あと董家渡(ドンジャードゥ)の棉料市場(ミエンリャオシーチャン)も服を作るのが好きな人にはお薦め!
外国人が多いので、値段は高めですがチャイナの布とかは日本で買えない無地ものが買えたり、安いものが買えたりします。絹の値段で1メーター35元ぐらい。たくさん買えばその分割引してもらえます。絹でない物なら20元ぐらいが相場かな?棉大体20~30元、絹35~60元、カシミア60~80元ぐらいだったと思います。もちろん買うだけじゃなくて、作ってももらえます。布を売っている人と、服を作ってくれる人は、同じ店にいますので注文してみてもいいかも…。英語が出来る人がいたりします。作りたいものをあらかじめ日本から持っていって、預けると安心です。彼らのデザインセンスはないに等しいです。服を作るのにかかるのは1週間ぐらい。帰国するから急げよとお金を弾むと少し早めにしてくれます。

老西門も花鳥市場と骨董市場があるので、楽しいかもしれない。

そんなとこですかのう。


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字