December 16, 2009

えー、天使と悪魔ツアーと称して、犠牲者もとい大学の友達壱号(0w0)弐号(0H0)と行ってきました。何でこの時期だったかというと、1号と予定を合わせたところ、この時期が一番よかったからです。はい。10月にいけた方が多分ものはあったんだろうなぁと思いつつ、見るものは大体見られたので満足。

天使と悪魔がそんなにすきなのかってそういうわけではなく、いやそういうわけでもあるのですが(詳しい壊れ具合は読書ブログにて)、ベルニーニの彫刻が見たかったのもあり頑張っていきました。
PO20091216_0252

目的は、ベルニーニ先生の彫刻が置いてあるボルゲーゼ美術館、バチカン(サンピエトロ寺院、広場含む)、パンテオン(最初間違って行ったとこ)、サンタ・マリア・デル・ポポロ(土の教会)、サンタ・マリア・デラ・ビットリア(火の教会)、ピアッツァ・ナボーナ(水の場所)全部ちゃんと行きましたw 堪能しました。

バチカンは予約できると聞き、さっそく予約。
ながーい列に全く並ばずには入れました。ただし1人4ユーロかかります。2時間が4ユーロなら安いもんじゃんね。入口は予約用と普通の入口で別です。バチカンもちょっと変わってました。

PO20091216_0558



サンピエトロ広場のパンテーン(西風のレリーフ)と、サンタマリアデルポポロの「天使とハバクク」が映画と同じ補修中で見られなかったのが残念。(´;ω;`)せっかくローマまで来たのに…

(0w0)<また来ようぜ!
(-M-)<そうさのぉ…!

あ〜、いつか見られるといいなあ!

教会においてあるので、暗いし遠いので、やっぱり明るい夏にきたいなぁと思ったのでした。オペラグラス的なものも持ってきたほうがよかったなと思いました。

なぜならば、ベルニーニの彫刻のいいところは表現の細かさにあるんです。細部を見れば見るほど美しい。だから遠くで見た後、近くで見るのがいいんです。


フィレンツェとミラノにもより、フィレンツェのウフィッツィもおかげさまで待ち時間無し入場。列は無かったのですが、以前並んで大変だったのでこれもありがたかったです。
無料予約は2人までということで、壱号と弐号をウフィッツィにほりこみ、オイラはパラッツォへ。こっちもよかったー。

ちなみに予約はアーモ・イタリアというサイトでお願いしました


PO20091216_0613


ミラノは単に上海時代の友達Pさんに会いに行っただけですが、またハムの海ありがとうございました。美味しかったです。幸せ〜♪(なぜかミラノの写真が読みこめないのでまた今度)


天使と悪魔とは、
天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]
出演:トム・ハンクス
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009-10-28
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


これです。小説版じゃなくて映画のほう。
映画→小説で楽しんだ方がより一層楽しめます。映画は映画として面白く、小説は小説として面白いです。


弾丸旅行でしたが、気の合う友達との旅行は1人旅行とはまた違って楽しいです。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字