June 29, 2010

DVC00285



うーん、別に食べるわけじゃないので虫食いねえ!にいれても良いのかどうか…先日、某学会に参加するため、軽井沢に行ってきました。朝起きて散歩してたら道端で羽化を始めるちいちゃな蝉を発見。

30分ぐらいで羽化し終わり、15分後には乾いて飛び立っていきました。

油蝉とか皮脱ぐだけでも1時間ぐらいかかったような気がするので、早業!


で。

七年前ミヤンマーに行った時に、山岳地帯の市場で売ってた蝉がこんな蝉だったなぁと思い出したのでした。蝉の味はあんまりなくて、あまじょっぱくてカリッとしてて普通の佃煮でした。別段美味しくもなく、歯ざわりと舌触りだけの食べ物だったかな。昆虫嫌いなのでどんな蝉かは分からずじまいです。今だったら興味津々で写真取り巻くってたな、きっと!w

ウチのあたりでも、やっと蝉が鳴き出しました。
遅いのか早いのか、気にしていないから分かりません。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by のらなか   July 14, 2010 22:30
遅ればせながら、某学会というのは、IB学会でしょうか。だとしたら、ありがとうございます。私はこのところ他用と重なってしまいごぶさたしておりますが、どうぞよろしくお願いします。また虫会を企画します。セミ成虫も脂がのっている?ものは、なかなかおいしいのですが、さもなくばスカスカでクシャクシャの食感ですね。羽化したてはダッピガニのようです。
2. Posted by sugimoto   July 14, 2010 23:07
のらなか先生、
こんばんは。
私も先生の名前を発見し、もしかして…と思っていたらそうでしたか。来年は東京なのでお会いできれば幸いです。

蝉も蟹やエビと同じで脱皮したてが中身があって美味しいのかもしれませんね。今月来たVESTAでも昆虫食特集で会社の皆で楽しませてもらいました。

この間行った天山山脈でも昆虫がお好きな方がいらして、採集はできませんが調査をする楽しんでいらっしゃる姿にこちらもワクワクしました。
3. Posted by のらなか   July 16, 2010 00:39
たびたび失礼します。Vesta誌もさっそくお読みいただきありがとうございます。さっそく大間違いが。クリムシの話は恵那市ではなく中津川市です(旧恵那郡)。よく行くところなのに、大事なところを誤ってしまいご迷惑をおかけしました。セミは夏休みの宿題で若者が挑戦するそうです。一晩でいろんな味が楽しめる感があります。

コメントする

名前
 
  絵文字