March 02, 2014

もし中国に行って、筆談で「柚子」と書いたら、これが出てきます。

画像1


文旦の大きいやつで、日本ではバンペイユ。バレーボールぐらいの大きさで、実はシャリシャリのパサパサ。味はグレープフルーツに近いかも。
九州のやつしろ特産らしいです。
10年前は5元ぐらいで、20年ほど前から中国に行くたびに食い溜めしていました。

日本でのバンペイユは780円から2000円ぐらい。高いのは皮まで食べられるから。中国だと農薬まみれてそうで(※偏見)食べにくいのと、あとお店でもう皮をむいてくれるので、皮を食べる文化はなさげ。
茹でこぼして砂糖漬けにします。んで皮からペクチンとれます。余すところないが故に高いのです( ´ ▽ ` )ノ (嘘です)
どうやって食べるの?とよく聞かれるので、きっと食べる人が少ないんでしょうね。そこはそれ、中国様を見習って、皮をむいて売ればいいのにな。
皮むいてパリッと乾いても中はジューシーです。

中国だと9月から4月ぐらいまで店先にありますが、日本は冬だけかな。

外皮むくのはちょっと大変ですが、是非!
ジャム作りがお好きなら、オススメ。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字