March 22, 2014



 ベネディクトカンバーバッチさんが主演でチケットを事前に買っておかなくてはいけないぐらいの人気で、どうせ行けないし行かないだろうと思っていたのですが、お誘いいただいて突然行って来ました。4月には今大好きな俳優のトムヒドルストンのコリオレイナスがあるようなのでそっちも行きたいな〜。

劇場が家から20分ぐらいにあって夜中に終わる時間に見ると楽なことがわかりました。六甲アイランドに映画館が無くなってから見に行かなくなったのですが、これを機会に映画また見に行こうかな。

で。
感想。

ポチッとするけ?(ΦωΦ)<ネタバレはちょっとだけ




ポチっとしたけ?(ΦωΦ)ノ

ベネディクトカンバーバッチが創造物をやった方のバージョンを見ました。
このフランケンシュタインの創造物、しゃべるんですよ。
最初陸に上がった魚っぽくビチビチ飛び跳ねながら出て来て段々、人っぽくなって行く。でも心はずっと人にはなれず、理解が出来ないので曲解したまま。
最後まで創造物は人間の心を持つことが出来ませんでした。

フランケンシュタインはダブルキャストでジョニーリーミラーとベネディクトカンバーバッチが主役、どちらもフランケンシュタイン博士と創造物(怪物)の両方を演じます。両方を演じることで、どちらの気持ちもわかるから、より良い演劇に出来るんだそーで…

ストレートプレイが普通に劇場でされるなんて羨まし過ぎる。

演出もきれいでした。最近の大きな舞台は雨は降るわ、火は出るわ、星空みたいなシャンデリアみたいな照明がものすごく素敵でした。

脳障害になった障害者の真似がうまいなあと思いました。
ベネディクトカンバーバッチにもともと障害があったかのような演技でした。
歩き方とか、表情とか…あんた病気になったん?と思うぐらい。

スゲー(゚´ω`゚)

逆バージョンも是非見たいので発売して欲しいです。
再上映するらしいので、そのときに見に行くのもいいな。
良い劇でした。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字