ウイグル

March 27, 2016

行ったのは先週日曜です。
3年ぶりぐらいで参加です。・゜・(ノД`)・゜
インフルエンザだの白黒二色さん急変だの入院だの忙しかったもので!!!!

幸せ。

皆さんお元気そうで何よりです。
最初に聞いたチュルク諸語がウイグル語なので、トルコ語もウズベク語も鈍って聞こえるΣ(・□・;)
ウイグル語が落ち着きます笑

そうそう、ノウルズ祭のためのごはんと言うのは、前にもエントリーしたかも知れませんが、豆、穀物など「芽がでる種」を食べるのがノウルズの特別なごはんで、お粥にします。トルファンの話なので他の地域では違うかも。
image

シュメレックと言います。

March 26, 2016

春分の日はノウルズ祭と言ってウイグルの春祭りでもあります。

10年前にトルファンに行きましたが、もう陽射しが暑くて、肌で砂漠を感じたものです。

今年も天山交流会でノウルズ祭がありました。
東京でもウイグル人がノウルズを祝っているとか。

トルファンの友人の話では、春を呼びに行くために、畑で火を焚き、その火を飛び越えるなんて風習もあったそうです。

なんだか日本の新年みたいね〜と言ってるとペルシャ系の新年なんだとか。

先日、カザフスタンのニュースでもノウルズを祝うとあり、大阪在住のシリアの友人もやると言っていました。ウズベキスタンの先生もお祝いするそうです。
最近では10年ほど前からトルコでも祝うそうで、ふーん、と思っていたら
「クルドのお祭り」
と言う印象なんだそうで
(゚Д゚)<あ(察した)
国際ノウルズデーでもあります。

春分の日は、私が以前思っていたよりも特別な日です\(^o^)/
image


ばはーるけってぃ
ばはーるけってぃ
なーだーけってぃ
たぐだーけってぃ
いぇーざだけってぃ
まいだんだむーけってぃー
(春が来た直訳行けるやん!(゚Д゚))

ウイグル人がやたらと好きな日本の春の歌は、「四季の歌」です。
心にしみるらしい。
私には全然響きませんが喜ばれるので良く合唱します。


July 25, 2015

image


トルファンの葡萄がそろそろ出荷なのだそうです

行きたいな〜



July 26, 2014

山形県では食べられているスベリヒユ。(ひょうと言う名前なんだとか)

wikiぺであ先生の画像はコチラ

先日、好きな漫画家さんがスベリヒユについてツイートしていて、どーしても食べたくなりました。

畑の雑草なのでどっかに行けば生えているはずです。多分近所の川に行けば生えてんじゃないかな?

ただ調子がとても悪いので、近所の川や山、ましてや友達んちの畑に行くのも遠くて行けず、悶々としていたら近縁種があるようなので買いました。
Amazonで。




何でも売ってるAmazon(゚´ω`゚)

まあそれはともかく、新疆でもスベリヒユは雑草です。市場では売ってません。
トルファンの友達の家で、そのスベリヒユを食べる、と言うので、食べさせてもらいました。
どこかで記事にした気もするけど忘れちゃったので勘弁してください。
野菜として使ったり、漢方薬として使うんだそうです。
熱中症に効くんだとか…なんだそれ(゚´ω`゚)<クエン酸なのかしら?

ウイグルの名前はsemiz ot セミズ・オットと言います。
セミズは肥えた(良い意味で)、オットは草です。見た目からかしら?

そして日本では、というか、山形では、茎の部分も料理して食べますが、トルファンでは葉っぱの部分だけをむしります。葉っぱの大きさによって、適当に切ったり切らなかったりします。

焼き餃子のようなpureプレと言う料理にします。uにはウムラウトがついてたような気がします。

生地は餃子の生地で、小麦粉、塩、水を捏ねておいておきます。
具は、羊の肉を包丁で叩いてミンチにし、クミン少々、綿実油少々、塩、胡椒して、よく混ぜて粘りを出し、そこにスベリヒユの葉っぱを入れてひとまとめにします。
生地を直径Φ15cm程度にのばし、真ん中に具を置いて、半月に折り、端っこを巻き込みながら止めます。
平たくて分厚い鍋(日本ならフライパン!)に油をたっぷりしき、両面をこんがりと焼いて出来上がり。
熱々のうちにいただきます。
私には、ちょっと脂っこいので、アッチク・スー(舌を刺す味のする水)こと黒酢をかけて食べます。

夏に食べると良いのだそうです。

一ヶ月後、私はプレが食べられるのでしょうか。
イスラム教圏の料理を豚肉でつくるとしばかれるので、鶏ミンチでやろうと思います。

日本の人は、さっと茹でて、くるみ味噌や白和え、マヨネーズ・ポン酢で食べるのが美味しいんだとか。まあ楽しみですね。

その前に川や畑に採取に行けるぐらい体力が回復していることを願いつつ…
近所の雑草ですから、お見かけの際はよく洗って食べてみてください。

March 21, 2014

新疆に行ってから8回目のノウルズ祭りです。毎年なんだかんだ集まりに呼んでいただける幸せ…( ´ ▽ ` )

中央アジア〜中東の農業歴でお正月です。

この日を過ぎると一気に気温が上がるのだとか。また行きたいな。

December 14, 2013

研究室の会合に行ってきました。いわゆる女子会です(;゚∀゚)=3

ムカームという難波のウイグル料理屋さん!

味は。

まあ、
普通…

(゚´ω`゚)

画像1


ラグマンは美味しい!

July 10, 2013

またラマダーンがやってきました。
私には関係ないけど…(=ΦωΦ)

楽しい時期なんだそうです。

画像1



8月初旬まで。

March 02, 2012

お久しぶりでございます。
皆様お元気でいらっしゃいますか?
私は元気にしております。アモゾン星人もそれなりに元気です。

さて、まだ地下にもぐっているのですが、メモ書きを一つ。

ウイグル語学習は止まっておりますが、またしよーと思っているので
MLに入りました。4月から活動だそうです。
2007年の東京外国語大学・言語学習の先生が主催されているようです。
ありがたや。
外部の方に公開しているかどうかは知りませんので、探してみてください。

で。
お休みの間に、中国でウイグル語-日本語辞書が発行されてました。
新疆に行かれたら売ってるんじゃないでしょーか。
売ってる時と売ってない時があるので本当にどうしようもないwww

はじめ上海にいる友達に頼んだところ、
上海書城とかでも「えー、少数民族の言語の本なんて扱ってるわけないじゃんpgr」と言われたそうです。
(まあ言語の本を買うなら、北京でも上海でも語言大学の本屋に行くべきだと思われますが…
不便なところにあるのでわがまま言えませんでした)

そんなわけで、日本におられる方は東方書店からお買い上げになった方が早いと思われます。
维日词典(ウイグル語−日本語辞典) 精装  〔日〕小嶋正男 等编

ステマです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ
定価は60元ほど。東方書店でも2100円なので
現地に行って、本屋に行って、さらに売ってるかどうか確認してと言う途方もない作業を
考えてうんざりして、私はこちらの本屋さんから買いました。
今、簡単に入手できるウイグル語ー日本語の紙のものとしては一番お勧めです。
後は絶版だったり、限定だったりして手に入りません。

あとは東京外国語大学のこのPDF(現代ウイグル語接辞索引、直リンク注意)があれば、ウイグル語はかなり勉強しやすいんじゃね?と思いますです。はい。


もうひとつ欲しい本がありますが、それは中国amazonでも取り扱っていないようで、
これは新疆に行くしかないようです。

欲しいのはコレ↓

『維吾尓諺語解釈詞典』新疆人民出版社(2008)ISBN 978-7-228-11311-8

全編ウイグル語のことわざ辞典です。

なんでかっていうとナンだとか小麦だとか、砂糖だとか、食品に関することわざも多いんですって!
という情報を一昨年行った時に仕入れて、辞書を探していました。本屋さんを数軒回りましたが
その時は手に入れられませんでした。そんなもんなんですよ、中国の本ってやつは。
いつもあるとは限らない。

向うの家主に送ってもらえばいいんですが、ちょっとまた南の方で事件が起こりましたので
本を送ってもらうのは向うに迷惑をかけそうで、ややこしそうです。
あーあ。出版社の場所まで分かっているのに歯がゆいものです。

あ、買っといてもらえばいいのか。
そう言えば家主は結婚して2児の母になりました。
向うの友達、みんな結婚・子ども出来たよ…( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ぼーっとしていると、時間ばかりが過ぎて行きます。
今度行ったら、もうちょっとウイグル語が読めるようになっていて、
いっぱい小説とか食べ物関係じゃない本を狩って来るんだ…
夢は広がる3月かな。

このブログの影響です。お勧めブログ!
ウイグル語の本棚 

またしばらく潜ります。お元気で!

January 28, 2011

コンサートのご案内です。

兵庫県立美術館にて2011年2月6日14時から、ギャラリー棟ミュージアムホールで新疆の民族舞踊と民族音楽が行われます。

場所などについてはサイトをご覧ください。
---

こんにちは、最近、つぶやきに逃げ込んでいるおsugiです。

音楽と舞踊は切り離せないので、音楽だけっていうのもないよねー。
ウイグルの人たちは、音楽があったら勝手に身体が踊りだす人たちなのです。

ウイグルの音楽と言っても、日本の民謡と同様に地方によって違うので、どこのをするのかが楽しみですね。

個人的に好きなのは南新疆のホタンとカシュガルのが好きです。

ではでは〜

June 20, 2010

ホームページが出来たそうです。

こちらから。ウイグル料理ローラン

URLのata-anaはお父さんーお母さんで、両親と言う意味です。

アッテガンチャイ(朝のお茶と言ういみで、ナンと塩味のミルクティーのこと)を出したらどないですかって言ったら、今のところトヌル(縦焼き釜)がないのでナンが焼けず、難しいと言うお返事でした。

現地の味再現は難しい。




まあナンは薄い”お店のナン”に、バターとベジマイトをつけて食べるのが最高です(無国籍もはなはだしい)
バターは冬しか売ってないし、そもそもウイグルの人はバターよりクリーム派のような気がする。

軽井沢の帰りに、お友達を呼び出して、ウイグルレストランに行ってみました。

とは言うものの、場所が分からない…('A`|||)

困った。

bek 困った。

こんだっくさふらんぼらー!
(どうしたらいいんだー!)・゚・(ノД`;)・゚・


とそこへ、着飾ったウイグルのオネー様方がアシュハナ(食堂)がどうのこうの言ってなさる。ウイグル語だ。どう聞いてもウイグル語!だって意味分かるもん!

これぞ神のお導き!

(*゚∀゚)っ この人たちはきっとレストランにいくに違いない!

そこへウイグル人の男性が現れ、お姉様方を案内し始めた。

よし!尾行だ!


でもその前に確認だ!(それ尾行ちゃうという突っ込みは無しだ)

「あのー、ウイグル料理のレストランの、ローランに行くんですか?」

もちろん日本なので日本語だ!

「そうですよ〜」(^^)

お兄さんの明るい日本語が…!

池袋の駅からちょっと歩きましたが、無事つきました。
ありがとう、ウイグルの人たち。

友達には「やめなよーっ」て止められましたが、ウイグル気分で声を掛けて正解でした。

レストラン(ウイグル語ではたぶんtiztamaqhana(軽食堂))、結構狭いです。

味は日本風味かな。
食べログでラグマンのことを「米粉」ってかいてありますが、あれは小麦粉の間違いです。小麦文化圏なので基本的にビーフンはありません。


あほなのは写真を撮ってこなかったことです。

お勧めはやっぱりラグマン。
醤油と見せかけて黒酢がおいてあるので黒酢と、ラージャン(唐辛子あわせ味噌?)をたっぷり混ぜてどうぞ。

その次はポロ(ピラフ)。ポロも黒酢掛けて食べるとうんまいです。

そしてバンサンスー(ウイグルサラダとか書いてありました)!

ギュシ(肉)ナンもありましたが、私の愛するトヌル(釜焼き)ナンじゃなくてタワ(鍋焼き)ナンだったので脂っこいのでパス。

いずれにせよ羊好きにはたまりません。

ほかにもメニューがありましたので是非!!

繁盛してくれたらいいなって思います。

May 26, 2010

東京のウイグル人の知り合いからメールが来ましたのでご紹介!

ああ!!!
東京がもっと神戸と近かったら嬉しがってガンガンいくのにぃいいいい!

---
Kamila 様 

ご無沙汰しています。お元気ですか?


風薫り五月を迎え、新緑の色増す季節になりました素敵な環境に恵まれ、より一層充実した素敵な日々をお過ごしでしょうね。



さて、この度、山手線初の、ウイグル料理店「ローラン」を開くことができました。


場所は池袋で、内装も簡単で、狭く、皆様をご案内できるようなところではないですが、



シルクロードが大好きな皆様にウイグル人が作る本格的なウイグル料理を食べさせることを楽しみにしています。


計28席の場所ですが、15名以上でご予約の方々は貸しきりできます。

ご希望がありましたら、ウイグルの生の音楽や歌舞を手配することもできます。(一人千円の別料金がかかります。)

住所は 東京都豊島区池袋2−63−6 パレスガーデンミラノ1F

アクセス 山手線池袋駅北口 20番出口から徒歩約6分 (約569m)

(文化通り真っ直ぐ進み、信号二つ目超えたところです)

営業時間 11:00〜15:00 17:00〜 22:00  年中無休

TEL/FAX  03−3988−3181

参考地図 http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0000970537/P060486/coupon/


どうぞよろしくお願いいたします。
---


池袋にいける方、良かったら是非!
私も機会をつくって早めに行きたいと思います。

企画からウイグル人が全てやっているので、現地の味を味わうなら今のほうがよいかな、とも思います。そんなに変える必要は無いんでしょうけど、やっぱり日本人向きになってくると思うので、行って見てください!

March 04, 2010

2007年の講座のウイグル語を毎日1回以上は聴いているのですが、覚えられないです。口に出して言うのもなんだか早口言葉で口ば回らんですたい。おいらは、めげないですたい。

本気で外付けハードディスクが欲しいです。

大衆維語もMP3に落として聞いて覚えないと…!

一つ一つ、登っていくしかないのですね。

言語と言うものは。

今年は5月にHSK、7月にTOEICかなーなんて思ってます。あくまで予定。中国語と英語は混じるので同じ期間に勉強するのは得策ではないとこの前の受験で悟りました。ウイグル語は語順が日本語と同じっぽいので今のところ混じらないのですが、ウイグル語学習仲間Wさんが「これから混じるようになるかもしれないよ!わかんないよ!」と言っておりました。確かに、そんなにウイグル語勉強してないもんなー。



私の脳みその仕切りが、

母国語/その他外国語

なのか、それとも

母国語/母国語に似た外国語/語順が全く違う外国語

なのか気になるところです。

それとも
母国語/英語・中国語/ウイグル語/ロシア語辺り
と明確に分かれるのか。

英語と中国語はすでにかなり混じってます。キケン。

なんにせよ毎日コツコツ萌えて遊びます。

(°■°)<もーね、一生懸命覚えようとかやってたら頭が馬鹿になるw

December 29, 2009

PO20081218_0007


バタバタ馬鹿やってたら、2009のラマダンもローズエイト(ラマダン明けの祭り)もコルバンエイト(犠牲祭)も終わっていた。なんと言うことでしょう。電話しようっと。

去年はトルファンの方がやたらと寒かったけど、今年はウルムチの方がちゃんと寒いのかな?

隣の国なのでごく気軽に行きたいけど、今年の夏の影響で、気分的になんだか遠い場所になっています。

夏に行った友達と最近話したところ、やっぱり暴動の話は話題にできなかったそうです。それに友達は見た目が白人なので、いつもだったら家によってお茶でも飲んで行けとうるさい人が「昼ごはんだけ」しか付き合ってくれなかったり、挨拶だけでもちょっと引いた態度になってしまっていたとか。

アメリカ人の人に寄れば、ウルムチ北部の方はまだマシらしいです。

暴動の中心地だった南部はまだまだギクシャクしているそうな。

…中のおばちゃんは「平和だから来ればいいのに!」って言ってくれるけど…

どうかな…

公●に踏み込まれるのは勘弁なので、申請書類には気をつけないといけません。

行きたいけど、遠いな。やはし。
行きも帰りも北京に一泊しなくて良くなったんだけど、遠いな。うん。(そしてなにより冬は大気汚染が…)

August 22, 2009

今年は暑いのかな〜…
本当なら今頃向こうにいたはずなのに、怖いのでビビリまくって行くのやめました(#`皿´) ムキーーーー!

8月の後半になると気温も落ち着いてきているので昼間食べなくても大丈夫?かな?

前にも書いたようなきがしますが、ラマダンの時のスケジュールを自分用のmemoに書いておきます。

ラマダンの時期は、大体一ヶ月ぐらい仕事しない、仕事セーブするのが習慣らしいです。が、漢民族はそんなことお構いなしなため、其処でも文化衝突が起こっているようです。


ラマダンの時の一日。

朝、アッザーンが始まるまでに朝ごはん。もちろん夜。(去年は北京時間5時ぐらいだった。新疆時間3時!夜中やっちゅーねん。何でワシもつきあわなあかんねん、と思いながら食べました。丼いっぱいのチャイとナン。結構お腹にたまります。というより前の食事を消化してません)

そして夕暮れのアッザーンが聞こえてきて時間が満ちたら(waqut toshti)、ご飯の時間!!!これまでに食事の準備をします。これがまた凄い量。家族や親戚が集まってくるということもあるんですが、それしてもヤプマーナン、ポロ、ラグマン、麺類、ご飯、野菜炒め、モモにメロンに西瓜にと盛りだくさん。時間が来るのにあわせて食事の準備をして、待ちます。

まずアッザーンを最後まで聞き、それからお父さんか家長がアッラーへの感謝の言葉を述べ、ナンとお茶で食事を開始します。
毎日ご馳走です。
で、大量にご飯を食べ終わった後は体力温存の為にすぐ寝ます!(ええええええええええ。お腹いっぱい過ぎて寝られ寝えええええ。とか思っていたのは秘密です)



トルファンなど、夏場に一年分の農作業をする農民なんかは食べるのですが、それでも家族のうち誰かが断食をするのが良い行いなのだそうです。

ウルムチではお世話になった友達の家がちょっと貧しい家で、そこは子どもを除く全員が断食します。大体10歳超えて13歳ぐらいから断食するそうです。何故か異教徒の私まで断食orz(当然?)

大して動かないので断食するのは全然構わないのですが、夜と夜中に大量に食べさせられるため、お腹壊すとゆー魔の月なのです。断食月に太る人が居るのも分かります。だって食っちゃ寝だもん。大量に食うもん。


パディシャとホタンに行った時もちょうど断食月での移動で、乗り合いタクシーに乗っている時に時間が来たことがありました。漢民族1名と私たち外国人2名とウイグル人1人で、ウイグル人が断食をしていました。時間が来た時、運転手がわざわざ道をそれて町に入り、ナンと果物、飲み物を買って私たちに振舞ってくれました。だから断食してないっつーのと思いながらありがたくいただきました。砂漠だったので砂でジャリジャリしてました。それも思い出。


ラマダーンは1年に10日ぐらいずれていきます。去年は9月2日からでした。今年は今日、8月22日から。来年辺りから昼間水が飲めないのは暑さで厳しくなりそうです。

本当に暑そうなエジプトとか中東の人はどうしてんでしょうね?

あ、人死にが出ないのは小さい子ども、病気の人、老人などなど死にそうな人は断食をしなくてもいいからです。出来る人だけがするのがラマダンです。

ラマダンが終わったらローズ祭。
そしてその1ヵ月後に犠牲祭。
二大祭りが続きます。

ラマダンが始まるとイスラム教徒の人たちはウキウキするんじゃないかなーって思います。

July 09, 2009

どこかのケーブルテレビで放送されたみたいです。
ウイグル語音声、日本語字幕つき。

最初ウイグル語に聞こえなかったけどウイグル語ですorz



分かりやすかった。

東トルキスタンと言うのはウイグル族の独立派が使う新疆地域の元々の名称らしいだす。西トルキスタンというのもあったのかな?

地名補足:
クムル、コムル→中国語ではハミ
グルジャ→中国語ではイリ

(゚д゚)<面倒なことにウイグル語の地名の上に
(゚д゚)<わけのわからない中国語の地名が
(゚д゚)<ついてたりするんだよね〜。

去年、Padisha(Pから始まる名前だったので付けられた、”王様”っていうあだ名のスウェーデンの人)とホータンに行った時、カシュガルまでは列車で行って、そっからパディシャの希望でヤルカンド(中国語でサチャ)に行って、バスでホタンに行こうと思ったら、その日は運の悪いことにバスが無かった。

パディシャは金髪碧眼でウイグルでは外見が非常に目立つ上中国語を話さないので、込み合うバスのチケット売り場には一緒に行かずに私だけ話を聞きに行ったら、キチック・マシナー(ウイグル語で小さな車、要は乗り合いタクシー)でカグルックに行って、さらに乗り換えてホタンに行けって言われたんだけども、地図には何処にもカグルックkaghliqって書いてない。

ええ〜?何処?!と思ったら「葉城」イエチェンて書いてあったのでした。
わっかんねーよ。どこだよ、それ。

そういうことも多い新疆なのでした。
もう現地の名前の音を漢字にすれば良いじゃん>中国

July 07, 2009

19213e97.jpg猫ブログなので政治の話題は関係ないのですが、安全の話題となると別ですなぁ。

ミヤネ屋を見ていると
「漢族しか血まみれになっていない」
と言うのですが

(`0M0)<うそつけ!
( 0M0)<ウイグル人も血まみれになっとる画像もあったわい
( 0M0)<中国様がそんなヘマするもんかいw

あとウイグル人に漢語でインタビューしてましたね。とゆーことは、どう考えても仕込(安全上の理由により、以下略)


ちなみに燃えていた&壊された場所、見た限りでは

・新疆大学の正門前(車燃えてた)
・勝利路
・小西門/大西門
・人民広場の西側
・路の名前忘れたけど、勝利路より一本西の路
 (路線310のバスが映ってた)

私がいつもウロウロしていた場所。ウイグル人やカザフ人とか少数民族が集まって住む場所がダメダメな感じ。遊びにいけないじゃん…。


それから、イメージ画像としてやたらと放牧やら砂漠の画像が流れるので思わず苦笑い。いやん、ウイグル人は農耕民族だっつーの。放牧してるのはタジクとかカザフとかモンゴルの人がおおいっつーの。ここでも情報そ(以下略)

ウルムチは都会です。
中国の中では小さい規模ですが、かなり都会です。
南の長距離バス停から北はかなりの都会。一軒家などほぼありません。

私の予想では2007年後半〜2008年のオリンピックまでに起こると思っていたので、ちょっと遅かったなぁという印象です。来月までに落ち着くでしょうか。

(写真は大バザール2008夏。閉鎖ちゅう)

March 30, 2009

昨日の続き。

虫に続いて、土も食べる…

2006年にハチミツ売り場に泥を固めたようなものが売ってあってカザフスタンの市場で仰天したのですが、実はそうそう珍しいものでもないらしい…。

その後、ホタンでも薬局で見かけ、キルギスの市場でも見かけ、さらにアフリカのほうにもあるそうで、そんでもってなんとパプアニューギニアの本(昨日のエントリ参照)にも書いてあって、大体同じものの様子。

と言うのも、
「女性がミネラル補給のために食べる」
のが中心だからです。

本当のところはどうか分からないけど、調べてみる価値はあるかもねー。

もし、土を食べていることを見かけたら、教えてくださいアル。

とりあえずウズベキスタンにAZが仕事で行くらしいので、ついでに調査してもらうことにっ!

March 20, 2009

1ffc648e.jpgやっと書類提出ー(0M0)ノ

そんでもって今日はノウルズ祭りです!
春分の日です。

アモゾンたちも大暴れ。

March 06, 2009

先日、NHKでやってた番組のアフガニスタンの風景が新疆のタシュクルガンあたりに似てる〜とか言ってましたが、他の人もそう思ったようで、映画が撮影されてました!


君のためなら千回でも スペシャル・エディション [DVD]君のためなら千回でも スペシャル・エディション [DVD]
出演:ハリド・アブダラ
販売元:角川エンタテインメント
発売日:2008-08-22
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



カシュガル、カシュガル市、タシュクルガン、あの辺りで撮影されたそうです。うふふふふ。見たいなぁ。


ていうか、タシュクルガンに行きたくなってしまった…

March 02, 2009

りょうりけんきゅうかのおくむらあやおてんてーとお話しする機会があったのです。
てんてーは麺類の研究で博士号とりましたのれす。

で。そうめんがスンゲクよく延びるので、不思議に思い、

「てんてー、なんで麺は良く延びるとですか?」
と聞いてみました。

「小麦粉にカンスイやら灰汁やらアルカリ性のもんを入れるとな、ようのびるんや」

ですって。

で。

新疆のラグマンは、小麦粉と塩と水で作るんだと思ってましたが、なんと、積積草のアクが入っているそうです。

アク。白ではありません。灰汁です。
積積草を燃やすと、樹液が固まるのだそうです。
それを溶かして、粉を捏ねる時に入れるのだとか。
トルファンの農家ではそんなの見たことねぇ。
何処にあるんだろう…
市場でも見逃してるけど、きっと売ってるんだろうなぁ。(写真には見当たらない…orz)

そして積積草jijicaoはウイグル語ではなんというのかワカラナーイ。oh, my goodness!
ググッて出てくるのは皆、日本語…。そして植物には見覚えがあるような無いような。今度行ったときは絶対聞いてみよう。きっとナラティやトルファンにも生えているはず。

(そういや、ウイグル族は一緒に生活したことがあるのでそれなりにわかるのですが、同じ少数民族のカザフ族、数が多い割に謎だなぁ)

ちなみに日本では椿の灰を使うといいらしい。
お茶もカメリア・シネンシスだからいけるよね。
何で椿なのかな?

やっぱり木を燃やすようのドラム缶とか探してこよう〜(°□°)
ナンを焼くオーブンとかも作りたいんだよね〜
KJさんとナン作りしたいアルよ〜





続きは余談。
たまに出て来るのウンコネタなので嫌いな人は回れ右。

【(0M0)ほんまにポチッとするケ?】

続きを読む

January 31, 2009

モルドバ共和国国際ボランティア活動写真展2009の御案内 とゆーのが来ました。京都会場は1月25日で終了、今度は神戸会場であるみたいです。兵庫県立美術館の道を挟んで向かいにある兵庫国際交流協会/兵庫国際プラザで2009/2/27から3/14まで。

兵庫県立美術館では、ウイーンの静物画展を開催中なので寄ってもいいかも〜。

モルドバ共和国国際ボランティア活動写真展2009
http://blog.livedoor.jp/roman1/archives/51450096.html公式案内が見つからなかったので、個人のブログからのご案内を引用します。


・・・モルドバってどこですか?(0M0;)


あとブローシャーを見ていて気になったことがw続きを読む

December 23, 2008

79937e9d.jpg20年以上前、アメリカに行ったとき、
飛行機の機内食が不味くて泣いたことを思い出す味に
出会いました。

ウルムチから北京へいくCAのご飯。
一見普通の機内食ですが

これが

不味い。

この上なく不味い。

麺の振りして麺ではない、なにか別のもの。
塩味無し。
泣きながら食べましたとさorz


ちなみに、30年チョイ生きてきた中で一番美味しかった
機内食は中国南方航空の上海→昆明行きの飛行機で出た
すごく素朴なグリーンピースの炒め物。
グリーンピースが大嫌いな私が、これなら食える!と
思ったすごくすごく鮮烈に美味しいものでした。

同じ中国なのに、この差はなんだー!!!!!!。・゚・(ノД`)

December 22, 2008

aad8f4da.jpgウルムチからトルファンまでは長距離バスで行きます。
鉄道も通っているものの、鉄道の駅から市街までは
60キロもあり、結局タクシーで行かなければならず不便。
それに本数も限られているのです。

夏はあまり感じませんが、冬のバスだと感じること。

窓ガラスが乗客の出す呼吸中の水分で曇りますよね。
ウルムチに近づくと、寒さのあまりそれが凍ります。
窓ガラスの露が凍りだすと、ウルムチに帰ってきたなー
っていう気分になります。

それからウルムチの南には烈士廟という漢民族の
お墓があり、丁度、高速道路の出口にあります。
これが見えたら、バス停まで10分ぐらい。

窓ガラスの水滴が凍りだし、お墓が見えたら
ウルムチに帰ってきたなーといつもしみじみします。

今回も、温かかったとはいえ、やっぱり窓の水滴は
凍っていて、しみじみウルムチの寒い冬を感じました。

December 13, 2008

あれ?
おかしいなぁ。
ここはどこかなぁ。

お仕事暇なはずなのになぁw(0M0)ノ

つーわけで、寒い土地にいます。
耳がもげそうだお…

羊食ったお…

でも明日、帰ります。


November 09, 2008

キリル文字表記なものの、
CD付きで少数言語で3000円以内は安いお!
ウイグル語でも出してくれないかなー。
こういう本〜

ウズベク語初級―ウズベキスタンへの招待


私は去年の語学研修の物を持っているし、
中国語の教科書やら英語の本やらなんやらを
現地で手に入れて持っているので、別に良いんですが
日本で手に入る日本語のウイグル語の本が
すんごい難しいんですよね〜ぇ。

それにしてもウズベク語ってウイグル語に似てますね。
混じらないようにしないと(笑)

October 29, 2008

841721a4.jpg自分用メモですー。

茶色二号「オカーサン、アチャー。おぼえられないれす!」
sugi「アチャーでおうてるやん!」(合っているよ!)


アチャーはお姉さんという意味です。





★名称
ホータン人曰く、呼び捨ては失礼だ〜とのことで、
名称をつけます。ウルムチ人はどうしてんでしょ?

目上、年上の人へ(***は名前)
女性 *** han'acha ハーンアチャー または***+ハーン
男性 *** axun'aka アフンアカー または***+アフン
   *** ependi(アパンディ、***さん)


同年輩へ(尊敬込み?)
女性 ***acha アチャー お姉さん
男性 ***aka アカー  お兄さん

年下とか(なれなれしい感じ)
男性 ***jan ジャン
。      (〜ちゃん、でも男性にしかつけないぞ)

従業員を呼ぶ時
女性 qizchaq クズチャック
男性 yigit イギット

でもウルムチでこういって呼びかけたら嫌われました。
どないせえっちゅうねん。
(0M0`)<外国語難しいアル
なんかあったんですが忘れました。いつか加えよう。

★請客
(お客になってください?
 日本語でなんていうんだろ??w)

mihman qilish > mihman qildim. 今日は私が払った。
mihman qiling(lar)!<客になってください=
。           おごらせてちょーだい!
(larは複数に対して)


★手紙の時?(いまいち良く分からない…)

hormetlik *** (尊敬する***(+上の名称))、 

sincerely >>chin yürekidin
with loyality>>>sadiqliq bilen


そーいや、トルコ人のオッサンが、オイラのことを
「カミラハーン」つってました。
美しい女性という意味でハーンをつけるんだそーです。
なんだか大阪のおじさんに呼ばれているような気分でした。

「日本語の方言でもそういうんありまっせ!」
っておじさんに言いたかったのですが、
つたないウイグル語では通じなかったので、
R・田中一郎似のH先生にトルコ語で通訳をお願いしました。

トルコ人のおっちゃん、トルコ語とウズベク語と
ウイグル語しか理解しないんだもん…

October 18, 2008

お勧め漫画〜

シルクロードを見てきた後の、
今、見ると突っ込みどころがあったりするのですが、
すごくお勧めです!

こんな漫画がいっぱい出てた1980年代って
いい時代だったんだな〜…

文庫本で復活したのでご紹介!
よかったらどうぞ!

5巻のスウェン・ヘディンの話は、
本当にありそうな感じです。

画像がないのは何故…神坂智子さんの漫画です。

シルクロード・シリーズ 1 (1) (HMB K 8-6)
シルクロード・シリーズ 2 (2) (HMB K 8-7)
シルクロード・シリーズ 4 (4) (HMB K 8-9)
シルクロード・シリーズ 5 (5) (HMB K 8-10)
シルクロード・シリーズ 6 (6) (HMB K 8-11)



むー、3が見当たらない。

機会があったら、是非。
そしてタクラマカン砂漠にもおいでませ〜!

September 26, 2008

f0515970.jpg某所に投降したら、
・本文に不適切な単語が含まれています。
って怒られたのでこちらに投稿。
---
不謹慎でアホな質問してみました。
すみません。最初に謝ります。

---
死というと、とても怖いものだったのですが、
今もやはり経験がないので怖いのですが、
新疆で見たイスラームのお墓は、マザールを除き、
どんどん朽ちていきます。

ウイグル人も墓参りはします。
でも基本的にお墓は日干しの泥で固めただけのものなので、朽ちてゆくのだそうです。

一番初めにその魅力を感じたのは、カシュガル周辺にある
ムハンマド・カシュガリーのマザールの周りのお墓。

青い空とまばらに木が生えた赤い土の上で、
お墓が風化していました。
土に帰る感じがとても安心感を与えたのでした。


もっとも土地が乾燥しているので「土に戻れる」かどうかは、
運次第なようですが。
(条件によっては、天然ミイラになります。
 それが現在新疆地区で出土しているミイラの皆さんです)


そんで。イスラム教は土葬で、火葬厳禁、
亡くなったらなるべく早く埋める、と聞いています。
(いまだに良く知らない。ごめんちゃい)

「埋める場所なくならないの?」
と、聞くと、お墓はマンションみたいに階層に
なっているそうです。できたら生前に、入る場所を
決めておき、横穴を掘っておくのだとか。
確かに、墓場に行ったらそんな感じになっていました。
土地があるのでトルファンでは3段、4段程度でした。

「前の人がミイラになって出てきたらどうするの?」
とも聞いたら、
「埋め戻す」
とのことでした。



ナニがひっかかったんだろー???
写真はヤルカンドのお墓。いい具合に朽ちてます。
関連記事は、ムハンマド・カシュガリー・マザールです。
2006年5月1日の記事。


September 24, 2008

967c0f4b.jpgトルファンの夕暮れ@9月初め

何で食べ物カテゴリに入っているかと言うと、
葡萄を干すチュンチェと言う建物の上から撮った
写真だからなのです。

Upするのが面倒なのでググル先生の画像をリンクしましたが、チュンチェで検索したら出てこないんですな。
葡萄を干す小屋のことを、ウイグル語で「チュンチェ」って言います。

チュンチェは干しレンガで出来ていて、屋根の上にも葡萄を干します。直射日光が当たるので、緑色の葡萄にはならないけれど、こっちの方が美味しいんだそうです。

「登りますか?」
っていわれて、気軽に登ってみましたが、
ズボンが泥だらけになって洗濯する羽目になりましたw